• 質問の詳細

    キーワードによる広告の「出る・出ない」差の違いについて

    回答数回答数2件
    質問日時質問日時2016/07/21 11:53

    •     
    •     
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    質問の内容は、キーワードを単価入札して、1ページ目に出したい場合、
    一部のキーワードで、「1キーワード1社又は2社」しか出てこないキーワードがあります。

    原因としては、単に入札単価が低いだけという理由もありますが、
    明らかに、他のキーワードと比較して、「出なさ過ぎキーワード」が存在します。

    この仕組みについて、見識があれば、どんな仕組みであり、また、どんな攻略方法があるのか、教えてください。


    自分で試した結果としては、

    (1)出なさ過ぎキーワードで、出た場合(1ページ目以下の単価設定より下で入札)、広告の独占が出来て嬉しすぎ。1キーワード1社しか出ないのですからね。ヤフーで多い

    (2)出なさ過ぎキーワードで、出ているのはアマゾンだけ。楽天は出ない

    (3)広告文章を入れ替わり新規に対応しているが、なかなか反応しない。初期状態で入れた広告文の「ラッキーパンチ」が一番効果が高い

    (4)制限キーワードのような感じがするが、一般的なキーワード。プラットフォーム側が馬鹿すぎ。全て自動化しているので、ゆらぎが無さ過ぎ

    (5)経費削減の意味もあり、1ページ目の「おすすめ入札単価」は無視し、半分又は3分の1程度の単価で出して、「出る・出ない」をしています。2分の1程度なら範囲内ですが、3分の1程度は無理そうです。

    カテゴリ: リスティング広告全般(エキスパート)

  • この質問の回答を見たい場合は、30日間無料お試し会員に登録してください。

    ※お試し会員登録には、Paypalアカウントが必要になります。
    ※30日を過ぎると自動的に有料会員に移行されますが、更新が不要な場合は30日以内に退会して頂ければ、費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら