• 質問の詳細

    テキスト広告のA/Bテストの「広告分数量」について

    回答数回答数4件
    質問日時質問日時2016/07/21 17:47

    •     
    •     
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    テキスト広告の「経費削減」のため、薦められたA/Bテストをしています。
    その件の新規に入れ込む「広告文の量」についての考え方について。


    【自己流として】

    1キーワード設定に対して、広告文を6種類入れました。
    1週間経過して、分析してみると、どの設定キーワードでも「1・2種類」が飛び出して、その他は無反応状態となっています。

    そのため、4つ削除して、追加2つにして、計4種類で再度調査しても、先の「1・2種類」のほうが結果が良い流れになっています。


    通常、ネット広告代理店などは、どの程度、設定キーワードに対して、種類の「量」を入れ込み、分析して、判断しているのでしょうか。
    また、効果が高いのは、自己流でしたように、集中化してしまうものなのでしょうか。
    ご回答お願いします。


    最適広告文量など、過去の経験値からいえる範囲内で返答頂けるとわかりやすいです。

    自分の感想からいえば、「広告文のラッキーパンチ」が出た時は、パチンコのフィーバー状態になるような意識があります。意図しない部分で高評価になっているように感じます。

    カテゴリ: リスティング広告全般(エキスパート)

  • この質問の回答を見たい場合は、30日間無料お試し会員に登録してください。

    ※お試し会員登録には、Paypalアカウントが必要になります。
    ※30日を過ぎると自動的に有料会員に移行されますが、更新が不要な場合は30日以内に退会して頂ければ、費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら