• 質問の詳細

    ワンキーワードの部分一致設定について

    回答数回答数2件
    質問日時質問日時2016/07/25 17:34

    •     
    •     
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    キーワード設定の時、どうしても「ビックキーワード」の設定は、どの業界でもあります。

    例えば、リンゴ農家なら「りんご」「リンゴ」などのワンキーワードで対策するでしょう。
    しかし、完全一致ならともかく、部分一致の場合、下記のようなタイプが出ます。

    「リンゴ 刺繍」
    「絵 リンゴ」
    など、物販とは無関係な「2キーワード」でも表示されます。


    このため、ビックキーワードの部分一致は、PRとして使うしかないのでしょうか。
    いわゆる「ネット看板」としての対策ですから、入札単価も最低レベルにしたほうがいいですか。


    悩みとしては、それがわかっているので、「2キーワード」でしているのですが、結果、広告自体が発信されないわけです。



    1キーワード&ビックキーワードで有効なのは、専門用語のみで、大衆用語は、単なる金くい虫なのですか。(特に零細店舗などは)

    カテゴリ: リスティング広告全般(ビギナー)

  • この質問の回答を見たい場合は、30日間無料お試し会員に登録してください。

    ※お試し会員登録には、Paypalアカウントが必要になります。
    ※30日を過ぎると自動的に有料会員に移行されますが、更新が不要な場合は30日以内に退会して頂ければ、費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら