• 質問の詳細

    アマゾンの広告の表現について

    回答数回答数2件
    質問日時質問日時2016/08/03 09:18

    •     
    •     
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本で一番、ネット広告代を出しているような感じのアマゾン。

    しかし、広告文をみると、ふさげているのか!と思うほど、クリエイティブではありません。
    「出ている程度でOK」
    という価値観で、ネット広告を看板代わりにしているのでしょうか。


    それと、広告文なのですが、題名部分で、

    A
    タッチペンならアマゾン | amazon.co.jp

    タッチペンならAmazon | amazon.co.jp

    というような感じで、A/Bテストをしているような、「ふざけた」広告文なのですが、これも、品質向上にむけた「頭がよいテクにニックノウハウ」として、たどり着いたノウハウなでしょうか。


    普通、考えると、1キーワード1種類の広告文だと、品質が「固定化」するため、、あえて「糞」みたいな広告文でも、2種類出すことで、「ゆらぎ」を狙い、品質が硬直化しないようにした施策なのでしょうか。

    カテゴリ: リスティング広告全般(ビギナー)

  • この質問の回答を見たい場合は、30日間無料お試し会員に登録してください。

    ※お試し会員登録には、Paypalアカウントが必要になります。
    ※30日を過ぎると自動的に有料会員に移行されますが、更新が不要な場合は30日以内に退会して頂ければ、費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら