• 質問の詳細

    クリック率が低いキーワードの扱いについて

    回答数回答数1件
    質問日時質問日時2017/01/21 17:12

    •     
    •     
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    初心者です。

    http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/ng_kw.html

    で、「検索されたときに広告を表示したくないキーワードがあれば、チェックを入れ、対象外キーワードとして追加しましょう。自社商品やサービスに関連していないキーワード以外にも、クリック率やコンバージョン率が低いキーワードも選ぶと、より効率的です。」

    とありますが、この「クリック率やコンバージョン率が低いキーワードも除外すると、より効率的」というのはどういった場合でしょうか?

    そもそもの質問ですが、クリック率が低いキーワードが同じ広告グループに混在していると、具体的には何か悪影響がありますでしょうか?

    自分の場合、広告グループの中身は、一部のクリック率が高い1つ2つのキーワード以外は、クリック率が低かったり、まれにしか検索されない、ほとんど表示されないキーワードだらけの状態、というのが現状です。

    それでも関連性があるキーワードなので、“極々”、“まれ”にでもコンバージョンがあったり、その可能性があるように思えれば、残しておきたいと考えていますが、問題はあるでしょうか?

    また、このような状態の場合、広告グループを分けるメリットはありますでしょうか?

    カテゴリ: リスティング広告全般(ビギナー)

  • この質問の回答を見たい場合は、30日間無料お試し会員に登録してください。

    ※お試し会員登録には、Paypalアカウントが必要になります。
    ※30日を過ぎると自動的に有料会員に移行されますが、更新が不要な場合は30日以内に退会して頂ければ、費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら