• 2014年05月07日 2014年05月07日 【メルマガコラム】ライバルがマネ出来ない戦略

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■ ライバルがマネ出来ない戦略
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今日はGoogleアドワーズの新しい機能についてシェアしておきます。

    その名も、、、
    「レビュー表示オプション」です。

    いつ追加されたかは知りませんが、いつの間にか追加されていた
    アドワーズのオプション機能の一つで、
    ユーザーからもらったレビューの内容を広告文に含める事が出来る
    ようになります。

    例えばこんな感じ。
    http://goo.gl/Ae0d2E

    この機能ですが、面白い事に下記の事は許可されていません。

    ・製品やサービスの単純な説明
    (レビューは、受賞や高評価などの特別なことを強調したものでなければなりません)

    ・ソースや広告主様の名前または既に広告内に存在する内容を繰り返すレビューテキスト

    要するに自社の広告の繰り返しになる内容や
    製品やサービスの説明などは許可しないということです。

    では何を許可するか?というと、
    サードパーティー(第三者)による信頼性の高いレビューを許可する
    となっています。

    自社のサイトに作ったお客様の声などではなくて、
    信頼性の高い第三者のレビューを設定しろ。と言うことです。

    設定画面では、レビューの信頼性を証明するための
    外部リンクを設定する箇所があります。上記、掲載例もアットコスメへの
    リンクが表示されていますよね。

    外部リンクなんてつけたら、ユーザーが離脱してしまうだろ?

    こんな風に思われるかもしれませんが、
    レビューを見たいユーザーにはレビューに誘導しても問題ない、
    と言うのが現状の僕の見解です。

    実際、この外部リンクに流れた顧客からもブランドキーワードと同じぐらいの
    パフォーマンスでコンバージョンするデータが弊社でも取れています。

    (※まだ一部のアカウントでしか実装していないので、確実とは言えませんが。)

    広告文やサイトリンクなどはすぐにライバルにマネされると思いますが、
    このような証明を必要とするものは簡単にライバルにマネされないですよね。

    差別化ポイントの一つにもなるので、ぜひ試してみてくださいね。

    諸々このメルマガではすべてを説明出来ないので、
    詳細はヘルプ等をご覧になってみてください。
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら