広告 A/B テストの判断材料として表示回数あたりの利益を考える

リスティング成功の鍵となる要因の一つに、広告文があります。

この広告文を複数設定してテストしながら、より良い広告を作っていくということは、既に実践されている方も多いと思うので、今更その方法については詳しくは述べませんが、じゃあ今回は “より良い広告” って何かという話をしたいと思います。

先日、AdWords の広告ローテーションの設定に、コンバージョン重視というオプションが追加 された事からも分かるように、みなさんも広告の良し悪しを測る指標として、クリック率とコンバージョン率を重視しているのではないでしょうか?

もちろん、クリック率・コンバージョン率その両方に優れた広告文が出来ることが理想ではあるのですが、現実はそんなに甘くはありません。

・ 広告文Aはクリック率が良いけど、コンバージョン率がちょっとだけ悪い
・ 広告文Bはクリック率は悪いけど、コンバージョン率が良い

このように、どっちを採用したら良いのか迷うことって頻繁にあるのではないでしょうか?

コンバージョン率が悪い広告文は、そのまま収益に直結するので出来る限り避けたいものですが、いくらコンバージョン率が良い広告文でもクリック率が悪ければ、広告の質の低下から表示機会を失うことになりかねない(つまり機会損失が生じる)ので、無視することは出来ません。

また、良さ・悪さの度合によっても、微妙な判定を迫られるケースもあるかと思います。

表示回数あたりの利益を考える

そもそもリスティングの目的は、高いクリック率・高いコンバージョン率を出すことではありません。

多くの広告主にとって、リスティングを使う理由は、その広告から利益を生み出すことではないでしょうか?

・ クリック率
・ コンバージョン率
・ クリック単価
・ 売上
・ 利益

などなど、これらを全て考慮した上で、広告の良し悪しを決めるために、新しい指標 “表示回数あたりの利益” を考えてみましょう。

つまり、広告が 1,000 回表示されたときに、どれだけの利益が期待できるか? という指標です。

表示回数あたりの利益の計算方法

以下、表示回数あたりの利益を出すための計算方法です。(バックグラウンドの計算方法がよく分からない方・面倒な方は、計算方法の部分をスキップして、下記に紹介する便利ツールを使うだけで十分だと思います…)

リスティングのアカウントをみれば分かる数値以外に、表示回数あたりの利益を考えるためには、上記の数値を使って、コンバージョンあたりの利益(1商品を売ったときの粗利から広告費を差し引いたもの)と、実際の利益を計算し、そこから表示回数あたりの利益を導き出すことにします。

(コンバージョンあたりの利益) = (商品が売れたとき 1 件あたりの粗利) – (費用/クリックスルー コンバージョン)

(実際の利益) = (コンバージョンあたりの利益) × (コンバージョン数)

(表示 1,000 回あたりの利益) = (実際の利益) × (表示回数) ÷ 1,000

これで表示 1,000 回あたりの利益を知ることが出来ますし、広告の A/B テストをしたときに、この金額が高い広告がより良い広告文(より高い利益をもたらしてくれる広告文)であるという判断材料にすることが出来ます。

計算方法がよく分からない方・面倒な方は、こちらにその計算式が省略できる便利ツール があるので、広告の A/B テストの判断材料として活用してみてください。

カテゴリー: コンテンツ   パーマリンク
  • 無料メルマガの購読はこちら
  • LICへのご入会はこちら